水は、若さを保つ秘訣?


水は人体の60%以上を占める重要な成分です。体内の水分構成は細胞内に50%、組織内に20%、血液内に30%あると言われています。

細胞は、栄養分を取り入れて生まれ変わり、代わりに老廃物を排出する、という新陳代謝を繰り返しているこの新陳代謝がスムーズに行われるために、水は
血液の流れをよくするという重要な役割を担っている。
細胞は、たっぷりの栄養分と酸素があってみずみずしさを保つことができる、この栄養分と酸素を運ぶのが血液であり、
血液の流れをよくすることは若さを保つ秘訣と言えます。

日本人の死因の上位を占める脳梗塞、心筋梗塞などの原因となる動脈硬化は、血管の老化と血液の流れが悪くなることによって起こる、そのため、水を意識して効果的に飲むことは、血液の流れをよくし、生活習慣病などの予防や症状の改善につながる。

一般的に、人間は飲食物、代謝水(体内で炭水化物、脂肪、タンパク質が燃焼する時に生じる水)により約2~2.5L/日の水分を摂取し、尿、便、不感蒸泄(呼気、皮膚からの蒸散)汗により約2.5L/日の水分を喪失している、実際に出納バランスを保つには、2L/日以上の水分摂取が必要といわれている。
・体内に貯留した水分を排泄できない状態の心不全や腎不全の人は避けるべきである。


【水を効果的に飲む方法】

朝、起き抜けのコップ一杯の水
人は睡眠中にコップ1~2杯の量の汗をかくと言われています。長時間水分補給がされないと血液が濃縮され血流が悪くなり、脳梗塞などを引き起こす原因となる。

入浴前・後のコップ一杯の水
入浴後の水分補給は常識になっているが、入浴中の発汗を考慮して、入浴前の水分補給も大切である。

就寝前のコップ一杯の水
人は睡眠中にも基礎代謝でコップ1~2杯の量の汗が出る、長時間水分補給されないと血液が濃縮され血流が悪くなり、脳梗塞などを引き起こす原因となる。

日中のこまめな水分補給
日中もこまめに(約2時間おき)水を摂取する習慣をつけ、運動中は15分おきの水分補給が望ましい。

飲酒後の水分補給
飲酒後に摂取する水は、血中アルコール濃度の希釈と利尿を促し、肝機能の回復を助ける。