ぎっくり腰


ぎっくり腰とは、一般的に、重いものを持った時や急な体幹の捻転時におこる急性の腰痛を指す。正しくは「急性腰痛症」とされており、「ぎっくり腰」という病名は存在しない。

欧米ではその病態から「魔女の一撃」(Hexenschuss,独)とも呼ばれている。地方によってはびっくり腰とも呼ばれる。

【治療法・施術法】

安静にしていれば人体が持つ自然治癒力により3週間~3ヶ月以内に自然に治ることがほとんどである。だが安静にしていられず治らないうちに、仕事などを再開したことで再発してそのまま慢性化してしまう事例も少なくない。
手術が必要なのは、重度の椎間板ヘルニア(下肢の感覚鈍麻や麻痺症状の酷いもの)や腫瘍などがある場合だけである。
「魔女の一撃」と呼ばれる程の激しい「急性腰痛症」であるがゆえに、治療法・施術法は安静にして様子を見るか、安静+湿布といった程度で、消極的なものが一般的である。


【予防法】
荷物などを持つ時には、足場の悪いところで無理な姿勢で持ったりしないように心がけることや、極端に重いものは、なるべく持たずに済むように、物の収納の方法などを普段から工夫しておくことも有効である。
また、睡眠不足でなおかつ過労ぎみの時なども起きやすいので、そのような労働環境に陥らないように防衛策を打つか、労働環境を自分から変える(配置転換の要望、転職など)もひとつの方法である。
また、可能ならば普段から軽度の(過度ではない程度の)運動をして、腰まわりから背中にかけての筋肉全体が弱らないようにしておくこともそれなりに有効である。
またゴルフをする人については、ドライバーの飛距離を争うようなプレイのしかた(=背中から腰にかけて極端な負荷がかかる行為)やその目的の練習を避け、他の要素をゆったりと楽しむというのもひとつの予防策になる。


ぎっくり腰を何度も繰り返すと亀裂を深くし、ヘルニアになる危険性があります。
慢性の腰痛と違い、ぎっくり腰は、腰周辺の傷を修復すると同時に再びぎっくり腰にならなりように予防することが大変重要です。