坐骨神経痛

 坐骨神経痛とは、人の体においてさまざまな原因により坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛。あくまで症状であり、病名ではない。


【原因と症状】

 原因はさまざまであり、坐骨神経の圧迫脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされている。坐骨神経痛は太ももの後面、ふくらはぎ辺りの痛みが多い。他にも下肢の痺れ、知覚鈍麻、歩行障害などが見られることがある。その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもある。

【種類】

根性坐骨神経痛
腰椎性坐骨神経痛 坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛。(椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多い)
梨状筋性坐骨神経痛 梨状筋による神経圧迫によって起こるもの。
症候性坐骨神経痛 神経の圧迫が原因ではないため、まだ原因が詳しく解明されておらず、治療が困難。


坐骨神経は、腰椎と仙骨に付随している神経ですから、原因は坐骨神経痛が走っている場所にあるとは限りません。
腰は勿論のこと、それより上に原因があることは希ではありません。
神経痛の痛みは、その神経にあらず。


当院では、サーチメーターを使い、痛みの原因を正確に特定してから施術を行っています。サーチメーターの検知により思わぬ所に原因を見つけることがよくあります。気になる方は、体を点検してみるのも良いのではないでしょうか。