帯状疱疹後神経痛

 

 

たいじょうほうしん、ここでは帯状疱疹ヘルペス(VZV)について詳しく説明します。

帯状疱疹は子供の頃にかかった水痘(みずぼうそう)のウィルスが何十年も神経細胞の中で眠っていた後に突然暴れ出して起こる病気で、子供の頃に水疱瘡になったことがある人はみんな体の中にこのウィルスを持っています。

発症の仕組み
ヘルペスウィルスは体が健康な時、あなたの体の中に潜伏しています。
潜伏場所はヘルペスⅠ型、Ⅱ型のウィルスが神経節に潜伏するのと違い、帯状疱疹のウィルスは、この神経節の周りにあるサテライト(※1)に潜伏しています。

このウィルスも病気などにより、体の免疫力が低下した時などにウィルスが突然暴れだし発症します。
しかし、帯状疱疹は多くの場合再発はありません。一生に一度発症するだけの人が多いのです。

しかし、ここ最近の研究の結果、再発する人もいることがわかっています。
また、膠原病やエイズなどの患者は再発します。


※1 サテライト(帯状疱疹の潜伏場所)
サテライトとは直訳すると衛星ですがここでの意味としては、水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)が潜伏感染している脊髄後根神経節、あるいは三叉神経節の中にある神経細胞を取り囲んでいる細胞のサテライトセルに、ウィルス遺伝子の状態で感染していると現在では解釈されています。


HSVは、神経細胞の中に(ウィルスとしてではなく)ウィルス遺伝子の状態で潜伏します。
この潜伏状態でいる細胞の違いが、再活性化する病変の違いに関係があると考えられています。




【水疱瘡と帯状疱疹の関係】

 

水痘・帯状疱疹ウィルス(varicella-zoster virus,VZV)は、
その名の通り、幼児期には水痘(水疱瘡)を起こし、歳をとったり、免疫力が低下してきたときに再活性化して、神経に沿って痛いぶつぶつができる、帯状疱疹を起こすウィルスです。
上気道粘膜から飛沫感染し、初感染である水疱瘡がおきると、その後三叉神経節や脊髄後根神経節に潜伏感染します。再活性化して帯状疱疹ができます。皮膚に出来る疱疹が一般的です。
この疱疹こそはギリシャ語で言う“herpes”に由来した言葉です。神経症状があらわれることもあります。
特殊な帯状疱疹としては、全身に出る汎発性帯状疱疹、多発性帯状疱疹、眼部帯状疱疹、Hunt症候群などもあります。


感染について
帯状疱疹では、水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)は病変部のみに存在しているため、ヘルペスⅠ型・Ⅱ型とは違い一般に他人に感染しないものと考えられます。
しかしまだ水疱瘡をやっていない人に接触すると水疱瘡を発症することがありますので、まだ水疱瘡をやっていない人との接触は注意しましょう。


症状
このウィルスが神経を通って皮膚に出てくるときに、神経痛に似た痛みがあります。
水痘のできる範囲も
神経の分布領域と一致し、体の片側だけで帯状の配列をとります。
発症は4~5日すると痛みのある部分の皮膚が、赤くなってきてその中に次々と小さな水痘(水ぶくれ)がたくさん出てきます。
水痘は1~2週間増えつづけこれが破れてただれ、潰瘍となりますがやがて乾燥して、かさぶたとなり若い人では2週間、お年よりでも3週間くらいで治ります。

帯状疱疹の神経痛に似た痛みは、きちんと治療しないと、後になって帯状疱疹後神経痛という病気になって残り、時折痛みを繰り返します。治療は根気よくきちんと治しましょう。

帯状疱疹は昔はお年寄りの病気として知られていましたが、最近では子供の帯状疱疹も増えてきています。


帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹は非常に痛い病気ですが、皮膚の発疹が治る頃には痛みもなくなります。
しかし痛みだけが後遺症として残ることがあり、これを帯状疱疹後神経痛と呼びます。これは、良い治療法がなく、引き裂かれるような、えぐられるような、焼けるような痛みがあるといわれ、鎮痛剤もあまり効果がありません。が、うつ病の患者さんに使われる抗うつ剤が効くことがあります。

また、トウガラシの有効成分であるカプサイシンの塗り薬や皮膚の血管を拡張させて血流を良くする貼り薬、カイロやお風呂に入って温めると痛みが軽くなる事もあります。
帯状疱疹後神経痛の時期には、もうウィルスは活動していないので抗ウィルス剤は効きません。
また、高齢者では、帯状疱疹の治癒後に痛みが残存する事が多く、帯状疱疹後、長期にわたって痛みを訴える患者の70%は60歳以上です。
若年者は免疫能力が高齢者にくらべ高いので、このことが帯状疱疹後神経痛に関与していると考えられています。


<帯状疱疹後神経痛を残さないようにするには?>

帯状疱疹後神経痛(PHN)は、水痘・帯状疱疹ウィルス(VZV)の再活性化によって引き起こされ発症しますが、現時点ではVZVの再活性化を防ぐ事は不可能です。
しかし、VZVVの増殖に伴って神経に炎症が生じておこる痛みは、局所麻酔による神経ブロックや鎮痛薬などを用いて、急性期の痛みを徹底的に押さえる事はできます。

痛みが発生する経路は次の通りで、
知覚→交感→運動神経→に過剰な緊張を生み、局所の血流を減少させます。
この局所の血流低下は、神経組織の性質の変化を援護し“痛みの悪循環”を形成します。
つまり帯状疱疹後神経痛を防ぐポイントは、局所の血流を減少させない事です。
血流を改善する基本は、交感神経の緊張を緩め、血管を弛緩させることで、入浴が有効です。

 
治療方法
軽い場合は鎮痛剤などを内服するだけで自然に治りますが、ウィルスの増殖を止めてしまう抗ウィルス剤が開発されているので早めに病院へ行き、治療することが大切です。
とくに目の周りの帯状疱疹や痛みの強い場合、麻痺が見られる場合汎発疹(はんぱつしん:広範囲に水痘ができる場合)などには抗ウィルス剤による治療が必要です。
いずれにせよ抗ウィルス剤は、早期に使わないと意味がないので、早めの治療をおすすめします。


<抗ウィルス剤について>

抗ウィルス剤には点滴注射、内服薬、塗り薬があります。ほとんどの帯状疱疹には外来で内服薬により治療できますが、悪性腫瘍などの基礎疾患があって免疫が低下している人や臓器移植をし患者の帯状疱疹は、入院して点滴注射で治療する必要があります。

 
<子供への感染>

帯状疱疹のある人は、水疱瘡をまだ患っていない人との接触は水疱瘡を引き起こすことがありますので注意してください。

 



【医学】帯状疱疹、感染の仕組み解明 大阪大、神戸大などのチーム

水痘や帯状疱疹を引き起こすウイルスが神経組織に感染する仕組みを、大阪大や神戸大などの研究チームが解明し、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

神経細胞の表面にある突起に、ウイルス表面の突起がくっつくことで感染が起きていた。これを邪魔する抗体を加えると感染が起きにくくなることを培養細胞の実験で確認。荒瀬尚大阪大教授は「感染を防いで痛みを和らげる新たな治療法につながる可能性がある」と話している。

チームは、水痘・帯状疱疹ウイルスや単純ヘルペスウイルスを人の培養細胞に感染させて実験。いずれのウイルスも、軸索が伸びるのを制御するMAGという神経突起に取り付き、細胞内に遺伝子を送り込んで増殖していた。

荒瀬教授は「抗体を薬として使うことができるか今後確かめたい」としている。

当院には、帯状疱疹後神経痛に関しては、痛みを完全に取り除くことができた症例があります。

“引き裂かれるような、内側から差し込むような痛み”に苦しんで10年以上。この方は、1日も休まず襲ってくる痛みに耐えられず、うつになり、自殺を考えたほど辛い戦いだったと言います。それが3回のタカダイオン電子療法でほとんど痛みが感じられなくなり、大好きなゴルフをもう一度やりたいと思い、「10年ぶりにコースをまわれて嬉しかった」と言うのですから、驚きです。
 

また、帯状疱疹より12年。痛みが続き、一日も熟睡出来た日はなく、この12年、主人の給料のほとんどは私の医療費に消えていったと苦しい胸のうちを聞かせてくださった患者様などは、施術当日より痛みから解放されて、眠れたのだということを2回目の施術の時に報告してくださいました。

 

帯状疱疹は、早期に発見と適切な治療によって、ほとんどの人が二度と再発しないと言われていました。しかし、中には再発してしまう方がおられます。帯状疱疹は、免疫力が低下している時に不意に襲ってくるもの、というイメージがあると思います。

あながち、これは間違いではないようです。様々調べてみますと、帯状疱疹と判明した瞬間から、完治に至るまでの期間、冷やしたり、温めたりを繰り返していたような方に後遺症が残っているようです。ですから、温めに徹した方が良いと思われます。

帯状疱疹にかかられて、治療開始より完治まで、体を冷やすことは避けて下さい。
体を冷やさず、温める方法で、後遺症である神経痛にならなくて済むようですので、温めることを心がけて大事にしてください。

電子負荷療法は、温めのみで免疫を正常にします。傷みの原因は、今感じている広い範囲ではなくて、意外な場所に原因がある場合があります。体の中に潜んでいる原因場所は、目で見て確認することはできません。また、触診でも発見することはできません。こうした場合、正確に原因場所を特定する方法をとっている療法が必要になります。

飲み薬、塗り薬などは、良い場所にも効いてしまうという副作用が不安でしょう。

電子負荷療法は、薬による副作用を中和し、無害化するので、病院治療と併用して行うと良いでしょう。

 

帯状疱疹患者が年々増加傾向にある。今できることは何か?

 

帯状疱疹について、正しい知識を紹介するためにホームページをそのままお借りして説明させていただきます。

出典:『あなどれない帯状疱疹関連痛』東邦大学 皮膚科客員教授漆畑 修

はじめに

帯状疱疹は様々な疼痛を伴うことが特徴で、帯状疱疹の治療目標は疼痛のケアであると言ってもよいでしょう。
疱疹後神経痛は、堪え難い痛みが持続するだけでなく、非常に治りにくい痛みであることから、患者の苦痛は想像以上に大きく辛いものです。帯状疱疹の治療法はほぼ確立したにもかかわらず、つらい疱疹後神経痛を残す患者は依然として存在しています。今回は帯状疱疹関連痛を中心に帯状疱疹の治療および疱疹後神経痛予防について述べてみたいと思います。

急性期帯状疱疹痛と疱疹後神経痛帯状疱疹は強く耐え難い痛みが持続するという特徴があります。


帯状疱疹に伴う痛みには、
 1)焼けるような灼熱痛
 2)突き刺すような刺痛
 3)電気が走るような電撃痛
 4)締め付けられるような鈍痛
 5)軽く触れただけで痛むアロディニアなどがあり、

痛みの種類や強さ、頻度は様々で、その上に痛みは本人しか分からないという特徴があります。


さて、帯状疱疹に伴う疼痛は、発症時期により「急性期帯状疱疹痛」と後遺症である「疱疹後神経痛」の2つに大きく分類されてきました。つまり、疱疹がみられる期間を急性期帯状疱疹痛と呼び、痂皮が無くなり疱疹が治ってもなお続く痛みを疱疹後神経痛と呼んできました。近年、神経痛の病態生理が解明され、この2つの痛みの原因は全く異なることが分かってきました。
つまり急性期帯状疱疹痛は、ウイルス感染性炎症による「侵害受容性疼痛」であり、一方の疱疹後神経痛はウイルス感染性炎症により生じた末梢神経変性による「神経因性疼痛」と、耐えがたい疼痛記憶による「心因性疼痛」の2つで生じることが分かってきました。

帯状疱疹関連痛急性期帯状疱疹痛と疱疹後神経痛は、病態生理学的には早い時期からオーバーラップし、発症1ヶ月未満は侵害受容性疼痛が優位で、3ヶ月以上は神経因性疼痛が優位であることから、1999年のヘルペス感染症研究会ワークショップでは発症1ヶ月未満の痛みを急性期帯状疱疹痛、3ヶ月以上続く痛みを疱疹後神経痛、その中間である13ヶ月未満を亜急性帯状疱疹痛と分類しました。


しかしながら、帯状疱疹に伴う疼痛を明確に分けることが難しいことから、最近では帯状疱疹に伴う疼痛を全てまとめて、帯状疱疹関連痛(zoster-associated pain:ZAP)、略してZAPと呼ぶようになってきました。

帯状疱疹関連痛を意識した治療をさて、帯状疱疹の治療で一番大切なことは、まさにこの急性期帯状疱疹痛と疱疹後神経痛の双方を意識した治療、つまり帯状疱疹関連痛を意識した治療が大切となります。つまり、後遺症である疱疹後神経痛の発症を予防するために、オーバーラップしている急性期帯状疱疹痛と疱疹後神経痛の発症機序に精通し、急性期から発症機序に即した治療をすることが求められています。

帯状疱疹関連痛の発症機序と帯状疱疹の治療後遺症である疱疹後神経痛は末梢神経変性による「神経因性疼痛」と、耐えがたい疼痛記憶による「心因性疼痛」であることはすでに述べました。神経因性疼痛の原因はウイルス感染による神経変性や感染性炎症による神経変性、痛み刺激起因の局所循環障害による神経変性、痛み刺激による広作動域ニューロンの異常興奮、などにより生じます。もう一つの心因性疼痛の原因は耐え難い疼痛記憶により生じることが知られています。


さて、疱疹後神経痛を見据えた急性期帯状疱疹の治療には、抗ヘルペス薬、消炎鎮痛薬、ステロイド薬、三環系抗うつ薬、神経ブロック、発熱シート、入浴などが知られていますが、それぞれを用いる根拠を簡単に述べてみたいと思います。

1.まず、疱疹後神経痛はウイルス感染による神経変性により生じるので、それを予防するには、神経変性が起きる前の早期の抗ヘルペス薬による治療が有効となります。
2.次に感染性炎症による神経変性を予防するには、早期からのステロイド薬や消炎鎮痛薬による治療が有効になります。ステロイド薬は疱疹後神経痛の予防だけでなく急性期疼痛を緩和し合併症の顔面神経麻痺や運動麻痺の治療にも積極的に使われています。ステロイド薬をウイルス感染症に用いることに抵抗がある先生は、抗ウイルス薬を併用することで、その心配を取り除くことが出来ます。
3.次に痛み刺激起因の局所循環障害のよる神経変性の予防には発熱シートや神経ブロック、入浴が有効です。入浴は後遺症の予防だけでなく急性期疼痛を緩和し皮疹の再上皮化を促進させることが出来ますので、私は積極的に勧めています。


痛み刺激による広作動域ニューロンの異常興奮には三環系抗うつ薬や神経ブロックが有効です。

心因性疼痛の原因である耐え難い疼痛記憶を予防するには消炎鎮痛薬や三環系抗うつ薬が有効です。三環系抗うつ薬は抗うつ作用を期待して用いるのではなく、神経因性疼痛に対してカルシウムチャンネルを介しての独特の鎮痛効果が知られています。




【帯状疱疹治療のポイント】

急性感染症である帯状疱疹においては、ただ単に治療を行っても、治療の時期や治療期間、治療対象、治療説明などにより、十分に効果が得られない場合があります。

帯状疱疹治療のポイントは早期診断と早期からの確実な治療、PHNハイリスク患者の鑑別、必要十分な患者説明、に尽きる思います。神経変性が起きる前に早期治療するためには、早期診断が重要です。典型的な疱疹が出てくる前に早期診断し早期治療が出来れば急性期症状も軽くなるばかりか、疱疹後神経痛を残さない治療が可能です。それには「体の左右どちらかの一部に疼痛や皮疹が出たら帯状疱疹も疑う」という事が重要です。

例えば内科領域では左右どちらかの頭痛、狭心症を思わせる胸部痛、虫垂炎を思わせる片側性の腹部痛、尿路結石を思わせる片側性の腰痛、整形外科領域では、五十肩、片側性の肩こり、片側性の肋間神経痛、片側性の腰痛、があったら帯状疱疹を疑うことが大切です。
確実な治療のポイントは、早期から抗ウイルス薬の使用、痛みは我慢させず積極的に鎮痛薬の使用、ステロイド薬は早期から使用し漸減しながら2週間まで、三環系抗うつ薬は早期から少量を短期間使用、患部は冷やさず早期から積極的に入浴することです。
しかしながら、以上の治療ポイントは全ての患者に当てはまるものではなく、疱疹後神経痛を残しやすいPHNハイリスク患者においての治療ポイントです。
PHNハイリスク患者とは早期から確実に治療を行う必用のあるPHNハイリスク患者とは、重症の皮疹、重篤の疼痛、アロディニアなどの知覚異常を伴う、50歳以上の年齢、糖尿病の合併などを持つ患者です。

重症の皮疹とは該当する皮膚分節全域に疱疹が多発したり、水泡が癒合して大きくなっていたり紫紅色の壊死性水疱が見られるもので、神経変性が疑われます。重篤な疼痛とは該当する皮膚分節全域に痛みがあるものや、一部でも耐え難い痛みがあるもので、やはり神経変性が疑われます。
軽く触れただけで痛みが生じるアロディニアも神経変性が疑われます。また、
50歳以上の年齢の患者や糖尿病患者では神経変性が生じやすくなります。このようなPHNハイリスク患者においては後遺症である疱疹後神経痛を予防するために早期から確実な治療を行うことが重要です。

おわりに

帯状疱疹関連痛を中心に帯状疱疹の治療およびPHN予防について述べてきましたが、
究極の治療は「水痘ワクチンによる帯状疱疹の予防」であるといっても過言ではないと思います。事実、2008年6月に米国予防接種諮問委員会は60歳でのワクチン接種を推奨しています。




帯状疱疹になりやすい人とならない人の分かれ道があるようです。

 1)免疫力が低下している人
 2)水疱瘡にかかった時期が一歳未満であったこと
 3)糖尿病、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病などすでに病気がある人など、
 
これに該当する50歳以上の人は6人に一人が帯状疱疹になる可能性が高くなります。

三つのうち1)と3)は、電子負荷療法でも改善した例があります。
条件に当てはまる方が帯状疱疹が消えた後も激痛の神経痛が残ると言われていますので、発症しないように体質を改善されることが大切です。
様々ネット上で調べることができる時代ですが、後遺症(いつまでも消えない激しい痛み)が何故残ってしまうのか、はっきり解明されている事は少ないようで、後遺症に苦しんでおられる方が沢山いらっしゃいます。
帯状疱疹で起こる痛みは想像を絶します。精神的苦痛が他人に判ってもらえない悩みで憂鬱になる方もいます。その状態からいつ解放されるか判らないなんてことにならないようにするには、1にも2にも予防する以外に方法はありません。
ですので、体質を強化して、帯状疱疹にならないように免疫力を付けることをお勧めいたします。